第27話 魔人キバゲルゲが赤いバラに狂う!!

Pocket

大人になってから見ると、笑えるツボだらけの『超人バロム・1』を完全ネタバレ解説。

超人バロム・1 第27話

超人バロム・1 第27話

脚本:島田真之/監督:田口勝彦

 学校帰りの子供たちが別れたとたん、
「たすけて~」
 と叫び声が聞こえる。少年が魔人キバゲルゲによって、キバ人間にされる。それは、
「美しいものをこわさずにはいられない悪の心」
 を植えつけられることでもある。

 犠牲になった少年は、健太郎たちと同級生のオサムだ。キバがはえてしまったオサムはマスクをして、命じられるままに、おもちゃ屋のウィンドーを割り、人形もこわそうとする。が、夕やけ小やけのメロディに、ためらってしまう。

 このくらいの破壊行動、キバゲルゲが自分でやるわけにはいかないのだろうか? 店の主人に見つかったとたん、主人を殺してしまう。かけつけた健太郎が、
「ダメだ、死んでる」
 と猛に言うからね。人形をこわしたいぐらいで人を殺してはいけない。

 このことを警察に通報もせず、オサムの異変をあばこうとする健太郎と猛。オサムに詰め寄っているところをマドンナのカオリに見られ、イジメているんだと誤解される。
「キミたちとは絶交です」

 キバゲルゲの方はドルゲに状況を報告している。
「すべてはうまくいっております。ただ、オサムだけが」
 うまくいってへんやん。
「あいつの心を見てやる」

 他にも、口からキバのはえてしまっている子供たちがいて、ふだんはマスクで顔を隠しているが、食事のときに親が気づくんじゃないか。そもそも、見られてこまるなら、キバなんかはえさせなきゃいいのに。
「なにをたくらんでいるんだ、キバゲルゲ」
 と直接たずねるバロム・1。いつもカンはよくない。
「バカめ。答える必要などないわ」
 珍しく頭のいい魔人である。

 バロム・1は、カオリといっしょにオサムを倉庫に連れて行く。自分の所有物とも思えない倉庫だが、オサムを柱にしばりつける。これも正義のうちなのだろうか。せめて、親にことわりを入れるべきじゃないか。

 オサムをかわいそがるカオリを自宅へ送らず、その場に残していく。オサムはキバ人間にされてるってのに。バロム・1は判断ミスに気づくこともなく、去る。

 その後、オサムが倉庫の中で苦しむ声に、カオリはヘヤピンを使って、鍵を開けてやる。バロム・1はその程度で開けられる錠前で安心していたのか。それ以前に、ツメでロープ切られているし。さっき、
「これでよし」
 って言ってなかったか。けっきょく、カオリのことも説得できてなかったわけだし。

 キバゲルゲはキバゲルゲで、
「オレの勝ちのようだな、バロム・1」
 と言いながら、子供を2人人質にとっただけである。前言撤回。やっぱり、頭はあまりよくないようだ。

『超人バロム・1』を見る

 ⇒ 魔人キバゲルゲ
 

 
 
【関連記事】
 第26話 魔人ハネゲルゲが赤い月に鳴く
 笑える超人バロム・1(もくじ)