山下達郎がAI美空ひばりを批判:「冒瀆です」の真意は?

山下達郎がおなじみのサンソン(『サンデー・ソングブック』)で、リスナーの投稿に応える形で、AI美空ひばりについて、 「ひとことで申し上げると、冒瀆です」 とコメントした。ネットニュースの類は、客観報道のフリでこの件を報じ 続きを読む 山下達郎がAI美空ひばりを批判:「冒瀆です」の真意は?

島田紳助がYouTube出演:復帰否定の声が小さかった理由

2020年1月、島田紳助(63)がYouTubeの番組(動画配信)に出演したといって、TVのワイドショーまでが取り上げる話題になった。2011年に暴力団員との交際が問題となり、引退してから8年半ぶりに公の場に顔を出した( 続きを読む 島田紳助がYouTube出演:復帰否定の声が小さかった理由

復活!『時効警察はじめました』の見どころ

あの『時効警察』の3rdシーズンがはじまる。2ndシーズンから12年を経ての復活というのは、日本のドラマでは珍しい。インチキなリメイクではなく、演出・脚本の三木聡の下、主演のオダギリジョー他、レギュラー・メンバーはオリジ 続きを読む 復活!『時効警察はじめました』の見どころ

『なつぞら』に田中裕子が登場したものの~最終回を迎えての感想

歴代ヒロインがゲスト出演することを売りにしているNHKの朝ドラ『なつぞら』に、田中裕子が登場した。お産間近のなつ(広瀬すず)が診てもらう産院の女医役だ。 123話は顔見せ程度で、ヤな予感がしたが、的中。その後、働く女性で 続きを読む 『なつぞら』に田中裕子が登場したものの~最終回を迎えての感想

きゃりーぱみゅぱみゅが伊集院光に呼応?アレクサCM批判

 きゃりーぱみゅぱみゅのツイッターの内容をデイリースポーツ(2019/09/04)がわざわざ報じている。記事の内容は無に等しいが、出来事が時代の気分を反映しているので、取り上げる。デイリースポーツの記事によると──  歌 続きを読む きゃりーぱみゅぱみゅが伊集院光に呼応?アレクサCM批判

aikoの生トーク再現:ベスト盤発売前にFM OH!で「aikoの日」

aikoの詩
 
 
 4枚組のベスト盤『aikoの詩。』(アイコのうた)発売前日の6月4日、aikoがいわゆる電波ジャック。FM OH!午後の看板プログラム『LoveFlap』のまるまる3時間弱を「aikoの日」として、aiko尽くしの放送とした。aikoも生出演し、旧知のDJ・キヨピーとフランクなトークを展開した。

 まあ、aikoと言えば、飾りのなさ、気取りのなさがトレードマークみたいなもので、ライヴ中に客席のファンと会話をするのが恒例になっている。とはいえ、ひさびさにラジオでaikoのしゃべりを聴くと、変わらぬニュートラルさに感心する。

 そんなaikoがユーミンに「ナチュラルと草ボーボーはちがうよね」と言われた話をするから、味わい深い。
「裏でいろいろ、声の(ケアの)こととか(あるけど)。言う必要はないじゃないですか」

 番組企画で夫から妻へのメッセージをaikoが代読するコーナーがあって。aikoのライヴ映像をいままさに見てた(しかも、2度目)と舞い上がる妻に、事情を説明。収集がつかなくなると判断したのか、
「とりあえず、言うわ。聞いてな」
 とメッセージを読み上げるaiko。
「なんで私らがグッときてんの? ……キヨピー泣きそうになってるやん」
 さらに、キヨピーがけしかけ、妻から夫へ向けた言葉を言わせる。

 ──私はマサトシさんのことを世界一大好きです。

 イーッ! と盛り上がるスタジオ。
「キヨピー、どこにおいてきたんやろね。私たち」
「そう。私、もう、ちょっとさがしに行ってくるわ。aikoやっといてくれる?」
「道頓堀の川に落ちたんかな。淀川かな」

 その上、aikoは自分から「(プレゼントに)サイン書いて送る。送っていい?」と訊く。この「送っていい?」にaikoの人柄が集約されている。夫に再び電話を代わると、
「どやった、どやった?」
 とaiko。子供(3才)とハイタッチしました、という返事に、
「ハイタッチやてー」
 と興奮する。
「テンションも体温も上がりました」
 最後、シメはキヨピーが。
「私も脇汗が和気あいあいって感じで」
 このときの夫のリクエストは妻がいちばん好きだという「かばん」だった。
 
 
 ⇒ 『aikoの詩』
 
 
【関連記事】
 60年代のヒット曲と話題
 70年代のヒット曲と話題
 80年代のヒット曲と話題
 90年代のヒット曲と話題
 00年代のヒット曲と話題
 10年代のヒット曲と話題
 
 

 
 

橋本治はなぜ評価されるのか

 橋本治は長年にわたって多くの著作を出してきた。すごいベストセラー作家というわけではないので、一般の人にまで名は知れわたっていないかもしれないが、グットセラーぐらいをつづけている。売れ行きよりも、著作の質によって、一目置 続きを読む 橋本治はなぜ評価されるのか

ロリコンとロリータ・コンプレックスのちがい

 10代のころに、『ロリータ』を読んで以来、世の中における「ロリコン」という言葉の誤用と氾濫には、うんざりしてきた。ただ、「ロリコンって言い方はまちがってる。使われ方がおかしい」といったことを指摘したところで、「そのくら 続きを読む ロリコンとロリータ・コンプレックスのちがい