橋本治はなぜ評価されるのか

 橋本治は長年にわたって多くの著作を出してきた。すごいベストセラー作家というわけではないので、一般の人にまで名は知れわたっていないかもしれないが、グットセラーぐらいをつづけている。売れ行きよりも、著作の質によって、一目置 続きを読む 橋本治はなぜ評価されるのか

ロリコンとロリータ・コンプレックスのちがい

 10代のころに、『ロリータ』を読んで以来、世の中における「ロリコン」という言葉の誤用と氾濫には、うんざりしてきた。ただ、「ロリコンって言い方はまちがってる。使われ方がおかしい」といったことを指摘したところで、「そのくら 続きを読む ロリコンとロリータ・コンプレックスのちがい

日本刀ブームで考えた刀をもって欲しい人たち

 刀は分類すれば、武具かもしれないが、人を殺すための武器というのは、一面にすぎない。むしろ、争いを抑える面もあった。職人の技術の結晶であり、どの刀をもつかで武士の心がまえがわかった。  昔の武士にあたるのは、政治家・官僚 続きを読む 日本刀ブームで考えた刀をもって欲しい人たち

「人間は恋と革命のために生まれてきたのだ」

 NHK『100分de名著』が太宰治の『斜陽』をやっている。1ch のニュースはデモを報道しないと責められていたが、Eテレは戦後の「革命」を取り上げているわけだ。   『斜陽』 ⇒ Kindle無料版はこちら     ■ 続きを読む 「人間は恋と革命のために生まれてきたのだ」

くしゃみの講釈をする公爵

 静かな場所で、他人が大きなくしゃみをすると、 (じゃかましいわっ!)  と思う。口には出さぬが、 (ちょっとはまわりのことも考えろ、ボケ)  と毒づく。しかし、ときどき、自分でもくしゃみをすることがあって、思いもかけず 続きを読む くしゃみの講釈をする公爵

宮崎駿の最新作『幽霊塔』

 2013年7月公開の映画『風立ちぬ』を最後に引退宣言をしたスタジオジブリの宮崎駿監督。厳密には、年令からいって長編はムリという意味で、クリエイティヴな活動をやめるわけではないと言っていた。  その後、準備していた戦国時 続きを読む 宮崎駿の最新作『幽霊塔』

ライオンをたとえに使うときには要注意

 『久米書店』がひっこしした。って、番組の裏事情は知らないが、「新居」最初の放送でのこと。  メインのゲストとはべつに、毎回、出版社の人間が売り込みにくる。この日やってきたのは、少し太めの体型の部長という肩書きの男性。こ 続きを読む ライオンをたとえに使うときには要注意

日本にきた外国人に商品を値切られたときの対処法

 円安というのは、外国人からしたら、日本全体がバーゲンセールになっているようなものだから、どんどん旅行客や買い物客が訪れる。  何年かまえに1ドル80円くらいだったものが、いまや120円以上だ。これは日本の値打ちが1.5 続きを読む 日本にきた外国人に商品を値切られたときの対処法