郷ひろみ・樹木希林のコンビ復活はちょっとした事件だった

Pocket

 今年が60周年ってことらしいTBSが特番『音楽の日』で、かつて人気ドラマが生んだ音楽ユニット=郷ひろみ・樹木希林を復活させ、「林檎殺人事件」「お化けのロック」を披露した。

 郷ひろみが相変わらず若いのにも驚くが、樹木希林、動いてた。しかも、あのころとおなじように、曲中にコントというか、ちょっとしたオフザケをさしはさむところも、新作でやって。

 見事なスピリットだね。学校では、こういうことこそ子供たちに教えたら、どうか。

 ところで、ドーランのせいか、樹木希林、なんだか黒人のミュージシャンに見えた(昔のアフロもいわば、黒人風なわけだけど)。

 外国だと、すごいリスペクトされているミュージシャンがトシとっても、ファミリーとかでライヴやってたりする。ああいうカッコいい雰囲気が樹木希林にはある。

 この人、女優だけでなく、音楽活動やってくれないかな。歌えてなくても問題ない。ダンナより、すごいことになるんじゃないか。

 そういや、娘ムコも元歌手じゃん。ホントにファミリーでやればいいのに。

 当時の映像が出て、再認識したけど、「林檎殺人事件」なんて、ピンク・レディー「モンスター」や沢田研二「ダーリング」と同時期のザ・ベストテンで、1位だぜ。

 「林檎殺人事件」はやっぱ、

♪フニフニフニフニ……

 がキャッチーだね。

 郷ひろみのアルバムで聴ける。

  『THE GREATEST HITS OF HIROMI GO』 ⇒ 詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください