鈴木雅之がうらやましい

Pocket

 少しまえに、NHKで大瀧詠一の追悼番組をやっていたときに、あらためて思ったのだが、鈴木雅之がうらやましい。シャネルズのメイン・ヴォーカルとしてスタートし、ラッツ&スターに改名し、さらにソロシンガーとしても成功する、あの鈴木雅之である。

 80年代初頭、もはや古き良きアメリカのポップスにこだわっている人間なんて、自分ぐらいなものだろうと思っていた大瀧詠一。アマチュアでドゥーワップをやっている若者がいると聞きつけた。これがシャネルズ。

 アルバム『A LONG VACATION 』で記録的なヒットを飛ばして大物となっていた大瀧詠一は、なんとアマチュアであるシャネルズのところへやってきて、レコーディングをもちかけた。まるでアメリカン・ドリームだぜ。

 シャネルズは顔を黒塗りにするというゲテモノ性もあって、デビュー曲からヒット曲を連発した。なんとも、うらやましい話だ。とはいえ、これは音楽でないとできない関係性だねぇ。

 ポップスにかぎらず、
「3年くらいのめり込んだら、自分のものになる」
 という大瀧詠一は『A LONG VACATION 』の成功で、自分の中での追及はおわっていたのだろう。
「あとは鈴木に任せた」
 という言葉を残している。

BACK TO THE BASIC

新品価格
¥2,454から

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください