『サボテン・ブラザーズ』をめぐる男と女の会話

Pocket

 大滝詠一は『サボテン・ブラザーズ』が好きだったらしいが、女が男に、
「見てみ。吉本ノリで笑えるから」
 とススメたのも、この映画だった。

 ところが、男はちっとも好きになれなかったのである。

 ちなみに、双葉評では、星こそ☆☆☆★だが、〈昔ながらの映画を復活させた〉〈こういうノンビリ・コメディ〉もたまにはいいですな〉とホメている。

 名作というのは、好きキライはともかく、だれが見ても名作でございますという雰囲気をもっている。完成度がそれより劣る作品の好みにこそ、その人らしさというのが出る。

 おもしろいのは、大滝詠一や双葉十三郎が好きで信頼をおいているのは男の方で、女は双葉十三郎の『ぼくの採点表』なんて読んだこともないってことだ。

 恋愛における片想いの連鎖も、似たようなところに発生原因があるのかもしれない。

サボテン・ブラザース [DVD]

新品価格
¥927から


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください