シシド・カフカのセッション・アルバムの人選がロックで驚いた

Pocket

 モデル風のルックスで歌うドラマーという存在感が注目を浴びてきたシシド・カフカ。そこに興味をもつ人間が大勢いる一方で、
(キワモノでは?)
 という疑いの目でながめていた音楽ファンも多かった。

 ところが、このたび発売された5曲入りミニ・アルバム『Kの累乗』は全曲セッションということで、その素性がわかりやすくなった。

 あえて大物からお願いしに行ったら、快諾してくれたというのだが、なんと、

 甲本ヒロト
 YO-KING

 が名を連ねている。どっちかだけならまだしも、この2人というのが、
(おっ)
 て感じになるよね。古き良き日本人なら、とてもお願いにはいけないだろうというくらいロックな人選だ。

 ちなみに、斎藤和義との「Don’t be love」(シシド・カフカ曰く、セクシーな曲)は、ドラマ『医師たちの恋愛事情』主題歌に起用されている。

 こうして見ると、大物というより、おじさん感が目立つ気もするが。

 全曲ディレクションも任せているので、各ミュージシャンのファンも安心して聴けるだろう。

  『Kの累乗』 ⇒ 詳細はこちら
 
 
【関連記事】
 1960年代のヒット曲と話題
 1970年代のヒット曲と話題
 1980年代のヒット曲と話題
 1990年代のヒット曲と話題
 2000年代のヒット曲と話題
 2010年代のヒット曲と話題

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください