「ひげヒゲげひポンポン」のたんきゅんデモクラシーは今風の昭和

Pocket

 レトロ版AKBみたいなもんか。おニャン子の中学生版か。なんせメンバーを総とっかえしてしまった、たんきゅん。つまりは、まゆたん&ごーきゅんのプロデュース色がより前面に出たってことだろうね。

 政治的な話題が目立つ昨今、〈デモクラシー〉ってネーミングはなかなか。

 レトロってことは、保守派のフリしてるってことかね。しかし、只者ではなですよ。なんせ、タイトルがこれだよ。

「ひげヒゲげひポンポン」

 〈げひ〉ってところがね。

 ヴィジュアルは昭和志向だけど、音楽性はなつメロとはちがう。

 歌詞の世界だって、女子中学生のせつない気持ちを歌うってのがコンセプトだというけれど、大人がふり返っている感の方が強い。メンバーはそれを表現するドール。ユーモラスな動きなど、なかなか。でも、昭和の子よりはずいぶん映像なれしてる。

 NHK『みんなのうた』の6月オンエアをゲットしたのも、ねらい通りってとこかね。仕組みはAKBっぽくても、曲は今風アイドルとはちがうからね。

  「ひげヒゲげひポンポン」 ⇒ 詳細はこちら
 
 
【関連記事】
 1960年代のヒット曲と話題
 1970年代のヒット曲と話題
 1980年代のヒット曲と話題
 1990年代のヒット曲と話題
 2000年代のヒット曲と話題
 2010年代のヒット曲と話題

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください