西野かな「Darling 」がいまどきの若者の心に響く理由

Pocket

 ここ数年、10代から20代前半の女子に支持を得ているシンガーとして必ず名が挙がる西野かな。どこに、それだけリスナーを惹きつける力があるのか、代表曲「Darling 」で見てみよう。

 まず、だれでも気がつくのが、サビの、

 ♪ねぇ Darling

 というフレーズのキャッチーさだ。カラオケでなら、
「ダーリン」
 とテレずに言えるというリスナーも多いだろう。彼氏がいなくったって言えるからね。

 ちなみに、沢田研二の、
「ダァ~~~リ~ン~~!」
 は恥ずかしいし、カラオケで歌うのはむずかしい。

 西野かな版は、ダーリンと言いつつ、

 ♪靴下も裏返しで
  もー 誰が片づけるの

 と母親が幼な子を見守るような眼差しである。そして、案外、10代の女の子の方が恋人に対して母親気分で接する。

 でも、裏で10代に響くのは、

 ♪Ah なんで好きになっちゃったのかなぁ

 につづく、

 ♪私って少し変わり者なのね

 の部分。リスナーは〈私〉の歌だと思う。その他の歌詞もまるっきりスキがないほどに10代が好きそうな心情あるあるがならんでいる。恋してても、未経験でもわかる。

 その言い回しもまた、職業作家には書けない〈そのまま〉が人気の秘密。
 
 
  「Darling 」 ⇒ 試聴はこちら
 
 
●西野かな「Darling 」
 作詞:Kana Nishino/作曲:Takashi Yamaguchi
 
 
【関連記事】
 1960年代のヒット曲と話題
 1970年代のヒット曲と話題
 1980年代のヒット曲と話題
 1990年代のヒット曲と話題
 2000年代のヒット曲と話題
 2010年代のヒット曲と話題

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください