桜塚やっくん「あせるんだ女子はいつも目立たない君を見てる」の評価

Pocket

 岡村靖幸と久保田利伸のデビューがおなじ1986年だってことを皮切りに2人を比較する番組をマキタスポーツがラジオでやっていた。ともに、ブラック・ミュージックの影響を日本のポップシーンで展開したシンガー・ソングライターだ。

 こんな比較を他の人はやらないと、マキタスポーツは自賛していたが、まったくおんなじことを以前、ライムスターの宇多丸が語っていた。

 マキタスポーツは、久保田利伸をとんねるずなどの六本木人脈と結びつけ、岡村ちゃんは文科系だと言い、宇多丸の方はRUN-DMCがメジャーになった年で、岡村ちゃんはリアリズムだと。ex) 「カルアミルク」

 その宇多丸がショックを受けたというまるで本人みたいだと絶賛していたのがその時点の岡村靖幸最後の作品だった「あせるんだ女子はいつも目立たない君を見てる」を歌った桜塚やっくんだ。

 他にも、桜塚やっくんは宇多丸が岡村靖幸の最高傑作と言う『家庭教師』から「どぉなっちゃってんだよ」と「あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう」もカヴァーしている。
 
 
  「あせるんだ女子はいつも目立たない君を見てる」⇒ 試聴&購入はこちら
 
 
●桜塚やっくん「あせるんだ女子はいつも目立たない君を見てる」
 作詞/作曲:岡村靖幸
 (2007年11月発売) 
 
 
【関連記事】
 1960年代のヒット曲と話題
 1970年代のヒット曲と話題
 1980年代のヒット曲と話題
 1990年代のヒット曲と話題
 2000年代のヒット曲と話題
 2010年代のヒット曲と話題

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください