欧陽菲菲「雨の御堂筋」

Pocket

 ○作詞:林春生
 ○作曲:ザ・ベンチャーズ
 ○編曲:船山基紀

 1971年9月発売(35万枚/年間18位)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 台湾出身。ボクにとって、オウヤン・フィーフィーは「ラヴ・イズ・オーバー」の人なんだけど、古くから活躍している人なのであった。海原千里万里の漫才ネタでも有名である。
 この「雨の御堂筋」はわりとオーソドックスな歌謡曲で、小柳ルミ子の「お祭りの夜」とならんで、翌年にかけてヒットした。セールスは欧陽菲菲の方がぜんぜん上。デビュー曲にして、9週連続でチャートの1位を独占した。

 ♪あなたを偲んで 南へ歩く
  梅田新道心斎橋と

 って、心斎橋まで行ったら、行きすぎやから。本町はもっと手前や。この調子やと、なんばまで行ってもうてるで。
 そもそも、梅田から心斎橋まで歩いたら、45分かかる。高校時代、友だちとよく歩いてたら、知ってる。それも最後の方は互いに無口になる。女の足なら1時間コース。もし、北新地で働いてる女の歌なら、もう少し時間が短縮できるけど、新地って、梅田新道より南よな? しかも、雨降ってんねんで。雨の日には歩く気せん。地下鉄乗れよ。
 なんにしても、かなりの体力と根性や。とても失恋で落ち込んでるとは思われへん。
 これもベンチャーズ歌謡の1曲。しかし、欧陽菲菲の歌唱をもってしても演歌に聞こえるのは、歌詞のせいかアレンジのせいか。なんにしろ、60年代初頭の方がよっぽどポップだった。70年前後は藤圭子を見ればわかるように、どいつもこいつも暗くて、演歌だ。演歌は日本の心だというようなやつに、ベンチャーズ作曲のやつばっかり聴かせて、なんと言うか知りたいなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください