広末涼子「風のプリズム」と明石家さんまへのツッコミ

Pocket

 あいかわらず、広末涼子がトークの絶好調ぶりを見せた。ともさかりえを同伴した『さんまのまんま』出演時のことだ。

 2人とも甲子園球場が東京にあると思っていたというのを聞いて、明石家さんまに、

「キミら、アホか」

 とツッコまれ、

「アホって言われてる。パーに」

 と切り返した。広末涼子がともさかりえに言うような感じにしてね。

 念のために解説しておくと、さんまの「アホちゃいまんねん、パーでんねん」という有名なキャッチフレーズにひっかけている。

 このときの収録で、さんまが「パーでんねん」と言ったわけではないのに、さっと出てくるのは見事だ。そのかわり、広末涼子の返しを聞いて、すぐに「パーでんねん」が連想できない視聴者にはわからない。

 ちなみに、明石家さんま自身は〈わからない〉層を笑わそうとやってきた芸人だ。

 出演の目的じたいは、サザンオールスターズの原由子に作詞作曲してもらった「風のプリズム」が発売になることのPR。

 明石家さんまはともさかりえといっしょになって、「大スキ!」やとくに「MajiでKoiする5秒前」がよかったと言って、口ずさんでいる。このあたりに80年代の男である明石家さんまの好みがよく出ている。

 90年代の女である広末涼子は他にも、的確なツッコミを入れたりしていた。
 
 
●広末涼子「風のプリズム」
 作詞/作曲:原由子

  ⇒ 試聴&購入はこちら
 
 
【関連記事】

 広末涼子「大スキ!」とダウンタウンへの切り返し

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください