高野寛「虹の都へ」

Pocket

 高橋幸宏が鈴木慶一とやっていた〈T・E・N・Tレーベル〉からリリースされた。同レーベルは史上最強のバンドを作るとかいうオーディションをやっていたが、けっきょく、志半ばで挫け、そこでピックアップした高野寛が世に出ただけでおわった。このシングルを含む3rdアルバム『CUE』はプロデューサーにトッド・ラングレンを迎え、ヒット。上質のポップ・センスをもつ人だったが、なにかが欠けていて、一発屋でおわった。

(27万枚/年間35位)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください