畠山みどり「教訓」

Pocket

 ○作詞:加川良
 ○作曲:加川良

 1972年11月発売(万枚/年間位)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 なぜか突然フォーク、しかも、加川良に挑戦した。
 畠山みどりは、62年6月のデビュー作「恋は神代の昔から」から「ちょうど時間となりました」(62・10)、「あんたこの世に何しに来たの」(63・07)の星野哲郎、「ツキツキ節」(63・07) 、「バカはバカでも粋なバカ」(64・01)の西沢爽、「恋は買いもの腕しだい」(64・01)、「東京で何かあったのね」(64・08)、「出世子守唄」(66・02)の関沢新一などの大物作詞家が手がけた曲を歌って、この時点で何十枚とシングルを出していた。タイトルだけ比べても、ずいぶんとちがう世界なのはわかるだろう。もっとも、新しいもの好きの美空ひばりが岡林信康を起用したのは、もっとあとだから、歌謡曲サイドからのフォークの取り込み例としては、最初のひとつだろう。
 さて、岡林信康の後継者と目された加川良のアルバム『教訓』(71)は〈その時代の名盤〉ってやつで、のちの時代の人間にとっては、ストレートにグッとくるわけではない。
 たとえば、ベトナム反戦をきっかけに盛り上がったアメリカのフォークと同次元で日本人が反戦歌を歌うことには疑問がある。戦争反対は時代や地域にとらわれない永遠不変のテーマか知らんが、数年後には、もはや日本でだれも反戦フォークなんて歌ってない。このアルバムが最後ぐらいだ。
 加川良『教訓』の価値はそれとはべつなところにある。歌詞カードに記された多彩なミュージシャンの顔ぶれを見ても、それはわかる。
「僕たちはよく聴いていましたから。高田渡と加川良と遠藤賢司は非常に好きだったんです」
 と細野晴臣は語っている。加川良はとくに高田渡に近い。アルバムにも、高田渡(唖蝉坊)の「あきらめ節」が入っている。反対に「ゼニの効用力について」は高田渡が歌っていたはずだ。2人の共通点はユーモアを含んだ表現にある。

 ♪青くなって しりごみなさい
  にげなさい かくれなさい

 が「教訓Ⅰ」のサビだ。〈逃げろ〉って歌ったのは清志郎より早い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください