『巴里の女性』は監督・チャップリンの代表作

Pocket

 チャップリンはコメディアンとしてだけでなく、映画監督としても評価されている。なかでも、サイレント映画のドラマ表現を格段に高めたとされるのが、エドナ・パーヴィアンス主演『巴里の女性』だ。

 『ルビッチ・タッチ』によれば、巨匠ルビッチのサイレント期の代表作『結婚哲学』も『巴里の女性』の手法に学んだ結果、生まれたものだという。

 ポイントは、どちらの作品もストーリー的には、とるにたりないものだ、ということ。それを映像表現によって傑作にするのが監督の仕事なのだ。ま、たいていの監督は、おもしろいストーリーすら、とるにたらない映像にしてしまうんだけど。

巴里の女性 [DVD]

新品価格
¥1,260から


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください